うつ病のrTMS治療について

titleコラム

記事制作:hwakui

先日のはなし。

SNSにて、友人が下記の活動に参画しているとタイムラインに流れてきました。

◆慶應大学病院 うつ病に対する最新治療「rTMS治療」を実施中
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000035758.html

5,6年前の話ですが、風邪をひき、とある五反田の内科クリニックに行ったときに、
既往病の問診の際に「うつ病」と申告したところ、
保険が効かない電気治療(料金1万円だったかな)を、
そのクリニックでしていて、おすすめなんだとクリニックの人に言われ、
当時は怖かったので、断った経験があります。

それが、この「rTMS治療」だったのかは不明ですが。

ただ、それ以降、今現在もなお、ずるずる4週間に一度のペースで、
投薬治療を受けているので、試しておけば変わっていたのかなと。

まさか、30歳手前になり、今もなお、精神病は落ち着く気配を見せず、
また、今となっては、診断が「双極性障害Ⅱ型」の可能性もあるとのことなので、
この「rTMS治療」というものを受ける権利すらもなくなってしまったのです。

そんな状態になっていると、5年前の自分は思っていなかったので、
そんな未来がわかっていたら、迷わず受けていたのかなと思います。

※決して、この記事は、皆様に「rTMS治療」を勧誘している訳ではありませんので、勘違いはしないでください

上記の記事からすると、臨床研究と謳っているので、
効果を分析している最中と思われますが、
興味のある方は、お問い合わしてみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました