知人、友人がうつ病と診断された場合、その際のベストな対応についての考察

記事制作:hwakui

最近、もともと発達障害を患っていた方で、

京都大学を卒業後、本人によると、1年ニートを経て、現在は会社員3年目の方から、

Facebookメッセンジャーでうつ病の診断されたという報告をいただきました。

またしても、救うことができなかった。阻止することができなかった。。。

これは僕としては、本サイトを運営している上で、本当に正直な意見なのですが、

なんとなくも元気そうなので、普通?に返信しました。

 

皆様なら、どう返信し、今後、どういうふうに接しますか?





医学的に考えれば、正解なんてないんでしょうけど。

 

「やばそうだから、接しない方がよさそう・・・」

「縁切ろう・・・」

「今後関わりたくないから、SNS、ブロックしよう・・・」

 

私がカミングアウトした時には、数人にブロックされた経験があります。

それでも、なぜ、当事者はカミングアウトしたいのか。伝えたのか。

 

当事者同士なら、確かに不信感や抵抗感などがなくて、伝えやすいかもしれません。

この例の他にも、たまにではありますが、

適応障害であったり、うつ病を患ってしまった方から、メッセージが届きます。

届いたら、僕なりのアドバイスであったり、個人的に生活上の療養のアドバイスを送ったりします。

 

でも、例えば、僕以外の全然関係ない、”精神的に健康”な方にカミングアウトした場合はどうでしょうか。

それは、恐らくですが、周りに理解してほしいからなんですよね。

理解する。うつ病であることを知り、その理解のもと、今後、うつ病であると知りながら接する。

相手によっては、気を使ってしまうかもしれません。

 

個人の見解ですけど、

人間関係がめんどくさかったら、切ってしまっていいんじゃないでしょうか?

 

例えば、SNSでブロックされたり、仲間から外されたら、

 

「あ~あ、それまでの関係だったんだな」

 

と、本人は割り切るしかないと思います。

 

僕は、色々な活動をしてきて、そんな経験がたくさんあります。

タイトルに、「知人、友人がうつ病と診断された場合、

その際のベストな対応についての考察」と書きましたが、

精神疾患を患っている方とコミュニケーションを取るのが、

とても面倒で、どうでもいい存在になったのであれば、

それは、カミングアウトされた側のストレスになりかねないので、

ブロックするのが正しいと、個人的には思います。

 

一方で、何とか救ってあげたい。

個人的にはこんな方が多ければいいなぁと思いますが、

そういう方は、今後も、”普通通り・普段通り”に接してあげてほしいです。

過剰に心配されたりしたら、当事者の方も、

「気を使わせてしまっている」

と感じて、よりストレスを感じてしまうかもしれません。

 

バックグラウンドに、臨床心理士やカウンセラーがいない、

そんな本サイト、うつ病予防.comですが、

僕個人の経験談からすると、本サイトを運営している代表のワクイからすると、

残念ながら今の日本の現状、これが正解な気がします。

 

ただ、Googleで検索しても出てこなかったのですが、

たまたま先日参加したイベントで出てきた話で、

「精神疾患当事者間のテキストベースのやりとりはあまり上手くいかない」

というアメリカの研究結果があるそうです。

本当かどうかは分かりませんが、皆様、どうかお気を付けください。





Pocket