うつ病の発症者を減らす為に

こんにちは、うつ病予防.com代表のワクイです。

コラムをご覧いただき、ありがとうございます。

最近、体調が回復してきたので、改めてうつ病予防の促進活動を再開したいと思います。

 

私は、大学4年生の秋頃、体調が悪化し、初めて、「軽度のうつ病」と診断されました。

※現在は、診断名が「不安障害」と変更されています

”軽度”のはずなのに、それ以来ずっと、今でも、服薬しながらなんとか生活をしています。

そんな、長い療養生活を送る中で、一つ、思ったことがあります。それは、

 

「精神疾患は、発症してからでは遅い」

 

その思いから、当サービス、「うつ病予防.com」を創りました。

 

人って不思議な生き物で、例えば、インフルエンザを例にします。

毎年冬になると、多くの方が、インフルエンザの発症を恐れ、予防接種をします。

その年に、インフルエンザにかからなかったら、予防成功。

逆に、インフルエンザにかかってしまったら、予防失敗。

 

一度、考えてみてほしいです。

 

インフルエンザと、精神疾患。どちらの発症が、怖いでしょうか。

 

おそらく、大体の人は、後者、精神疾患を選ぶと思います。

では、なぜ、予防をしないのか。

精神疾患を患った方に話を聞くと、ほとんどの方が、こう言います。

 

「まさか、私が精神疾患になるとは思わなかった」

 

これが、今の日本の現状です。

おそらく、精神疾患の発症の予防のために、

何かを意識して生活している方って、ほとんどいないでしょう。

 

そこで、私は、この当サービス、「うつ病予防.com」を通して、

うつ病だけではなく、不安障害や双極性障害、適応障害、その他精神疾患に危機感を

抱いてもらい、健康的な生活を促し、予防していただく流れを作りたいと思いました。

 

ぜひ、周りの人で、困っている方がいたら、手を差し伸べてあげてください。

ぜひ、周りの人で、思い悩んでいる方がいたら、話を聞いてあげてください。

ぜひ、周りの人で、無理をしている人がいたら、手伝ってあげてください。

 

そんな優しい人間が多い社会を、作っていきたいと思っています。

 

うつ病予防.com

代表 ワクイヒトシ





Pocket