うつ病をカミングアウトすることについての考察

記事制作:hwakui

以前書いたコラム、

実名で「うつ病」だとSNSで発言することについての考察

が、割と皆様に読まれて、共感していただけた方も多いみたいで、

個人的にとてもうれしいのですが、

今回は、周りにカミングアウトすることついて思うことがテーマです。

 

この前東京でリディラバさんのイベント行ったときに、代表の安部さんに「彼、うつ病だよ」と他己紹介された経験がありますが、

正直あのくらい隠さないのがちょうどいいと思っています。

 

過去に一度、僕は、「あああ、やってしまった・・・」 という大失敗エピソードがあります。

それは、元カノが過去に摂食障害を持っていて、

僕と付き合っていた当時にも、自傷行為などをしていることを、

共通の知人(女性)に相談してしまったことです。

 

結果として、その相談してしまった人を傷付けてしまいました。

電話越しで、

「なんでそんな事教えやっがった。今後どうやって接すればいいかわからないじゃん!責任とれや!」

と、言われてしまいました。

 

僕は、うつ病の当事者故に、うつ病その他精神疾患をカミングアウトされた方の立場を、

全くもって、理解できていませんでした。

いや、僕がカミングアウトされる立場だった時と、このパターンは様子が違い過ぎました。

上に書いた元カノの、境界性パーソナリティ障害らしき症状を、

元カノからカミングアウトされた当時は、付き合って半年のことでした。

池袋のカフェで、突然泣きはじめ、カミングアウトをしてくれました。

 

一方で、僕はカミングアウトされて、どう思ったかというと、

『なんとか治したい。そんなつらい思いは俺がさせない』

と、心の中で誓いました。

元カノは、別れ話になると思っていたそうで、安心していました。

『なんとか治したい。そんなつらい思いは俺がさせない』

こう思うのが、自然だと思っていたのです。本当です。

だから、共通の知り合いに相談した時、

まさか、

「なんでそんな事教えやっがった。今後どうやって接すればいいかわからないじゃん!責任とれや!」

と怒鳴られるとは、思ってもいませんでした。

 

ここから得た教訓は、相手を思う気持ちは人それぞれなんだと。

自分がこう考えるから、相手もきっと、こう考えるだろうというのは、

少し考えが浅はかだったのかなと思いました。





僕の場合、 うつ病であることをいろんな人にカミングアウト、

というか、もはやTwitterのフォロアーでもFacebookの友人でも、

知らない人はいないと思うくらい言いまくっているのですが、

それでも、「こいつなんやねん」と思われてしまうのか、

はたまた、「うつ病の友人なんかいらん」と思われるのか、

ただ単に投稿がつまらなくて、「もう友人の関係ええわ」と思われるのか、

そんなことは知りませんが、最近、よく友人数が減ります。

 

RemeさんのインタビューをFacebookで告知したら、

2人の友人が減りました。

信頼関係がない人とは、こっちから縁を切りたいと思って、割り切っています。

 

うつ病であることを、理解してくれない、ただ単に、

「こいつマジ意味わからん。馬鹿じゃねえの。なんで実名でうつとか、SNSで名前だして、ほんと何考えてんのあほなの?もういいわこんなやつ。縁切ろ」

たぶん、こんなことを思った方が、わざわざ僕からブロックしなくても、

先方からしてくださったんだなと思います。ありがとうございます。

 

一方で、信頼関係の話ですが、

今まで約4年間、自分がうつ病である旨が書かれている投稿を、

Facebookでたまに書き込んだりしてきたのですが、

いろいろな方から、応援、というか、いろいろなメッセージをいただきました。

 

「僕も一時心療内科に行ったことがあったよ~」

と、前職の職場の先輩。

 

「うつは他人事だと思えず、連絡しました。2つ役に立てばいいなと思い当たることがあります」

と、知人女性。

 

「あまり他の人には言ってないけど、自分もうつ病で休職して今年から復帰したよ」

と、大学の先輩。

 

「Remeのインタビュー見たよ。いいね!」

と、大学の先輩。

 

その他、今まで数え切れないほどの応援や、

共感したなどのメッセージをいただいていて、

本当に嬉しく思いました。

 

僕がうつ病であることを公開していることで、

気軽に、相談をかけてくれたり、共感のメッセージを下さったり、

そういった関係を築くことができました。

 

といっても、先ほどの例の通り、

皆が皆、このように肯定的にとらえるものでもないので、

本当に、カミングアウトするには、注意が必要だなと思いました。

その注意とは、まさしく信頼関係なんだなと思いました。

 

以前、Facebookのメッセンジャーで、

すごく軽く、「自分は発達障害かもしれない」という旨のメッセージを受け取りました。

 

僕は、これを見て、どう思ったか・・・

『なんでこんな明るいんだ・・・』と、

それ以外何も考えられず、テンションについていけず、

どのように接すればいいのかもわからず、返信できませんでした。

 

すごく失礼だったとは思いますが、

このようにカミングアウトされて、

『本当に発達障害なのか?』

と、疑ってしまいました。

 

これこそが、今思えば、信頼関係が上手く成り立ってなかった例なのかなと。

精神障害に、発達障害に、いろいろと

自分のネガティブな部分をカミングアウトをする場合、

本当に信頼関係のある方以外は、

どう思うのか、なかなか分からないのですが、

個人的な感想ですが、隠してつらい思いをするよりは、

信じてカミングアウトした方が、ずっと楽なんじゃないかなと思います。

もちろん、中には、「知りたくなかった・・・」と思ってしまう方もいると思いますが、

それは、本当の信頼関係では、ないと思います。

 

信頼関係が築けてないと人と付き合うのは疲れるので、

いっそのこと、関係を断ち切ってしまってもいいかなと個人的には考えています。

その方が、よっぽどストレスがかからないと思うからです。

あと、カミングアウトの仕方も、多少大事かなと思います。

僕の場合、いろいろ雑すぎたかなと思います。

 

ただ、これは僕なりの、

『なるべく元気に・・・なるべく明るく・・・なるべく心配をかけないように・・・』

という、心の声が、少しエスカレートしすぎたかなと思っています。

というのも、チャリ移住で、このブログをデビューし、

うつ病であることと、無茶なチャリ移住とが、うまく化学反応を起こし、

自転車さんとして、2chでデビューし、

叩かれまくったのですが(たまに応援もされた)、

これは、あまりにも雑すぎたと思っています。





結論としてまとめると、

本当に心配してくれる人、応援してくれる人と、

これからの人生を、関係を継続していきたいなと思いました。

なかなかカミングアウトをすることに、

躊躇してしまったり、なかなか言い出せない方も多いと思いますが、

個人的には、信頼関係のある周りの力に、

とても勇気をもらうことが多いので、

自分を隠さずに生きることの方が、

今後の人生を考えると、楽なんじゃないかなと思います。





Pocket